【解決】肩こりの主要原因は○○○筋にあった!?

現在肩こりに悩んでいませんか?

そんな肩こりの原因は様々ありますが、特に原因となっている筋肉があります。

 

結論から言うとそれは、

肩甲挙筋です!!

 

今回は肩こりの主要原因の筋肉である「肩甲挙筋」について解説していきたいと思います!

 

肩こりの原因

肩こりで悩んでいる方は、とっても多いですよね。。。

そんな多くの人が悩んでいる肩こりの原因は様々ありますが、ほとんどの人は「猫背」「腕・肩の使い過ぎ」です。

「猫背」は、デスクワークでの姿勢や普段からの姿勢が丸くなってしまうことによって、肩に負担がかかってしまい肩こりが発生してしまいます。頭の重さは体重の10%と言われているため、猫背で首が前に行ってしまうと頭の重さが2倍や3倍にもなって肩にのしかかってしまうので、それは凝ってしまいますよね(笑)

 

「腕や肩の使い過ぎ」は、重いものを持ったりとかスポーツをすることによって、肩に負担がかかり肩こりが発生してしまいます。

 

どちらの理由にせよ1回硬くなってしまった筋肉は、血流が流れづらくなりなかなか治らないのがとても厄介です。。。

 

肩甲挙筋とは?

肩甲挙筋とは、頸椎C1~C4横突起の後結節に起始し、肩甲骨の上角・内側縁上部に停止する筋肉です!

 

作用としては、肩甲骨の挙上下方回旋があります。

簡単に言うと、肩甲骨を上に引き上げる動作と腕を下に内側に入れる(肩甲骨を外側回転で使う)動作である。

肩や首に力が入りすぎてしまったり、重いものを持ち上げたりするととても負担がかかります。

 

まとめ

今回は、肩こりにおいて特に原因になっている肩甲挙筋について解説しました。

ご自身でも肩こりが気になる方は、肩甲挙筋の場所をほぐしてみると良いと思います!

 

何か質問がありましたら気軽にコメントしてください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です